就活に出遅れた大学院生の進むべき道~SPI編①~

どうも、やさいクンです。

僕は大学院生であり、来月から就活が始まるのだが。

…のだが。

 

そもそも実験結果は満足に出ておらず、研究進捗は芳しくない。

そんな中、就活準備もまともにしていないのが、僕だ。

就活と実験をどちらも全力で臨まなければ、あるのみだ。

 

この記事を読んでくれている就活性は、僕を見て自信を持って就活に挑んでほしい。

魔王との戦いに敗れる時もあるだろう。でも、落ち込まないでほしい。

初めの村の近辺でスライム狩りしかしていない人間もここにいるのだから。

ある意味、僕の方が勇者なのかも知れない。

 

このまま何もしなければ、本当に何もかも上手くいかない。

ここで、奮起して就活も実験も成功に導いてこそ、人生が開ける気がする。

 

そこでまず就活のスタートラインに立つために、ある挑戦をした。

 

SPI問題集を一気に解いてみた。


…見るからに邪悪な笑顔を見せる怪物が相手だ。

以下、SPI問題集と僕の格闘を記す。

 

所要時間:4.5時間

討伐モンスター:ヒゲンゴ

防具:無し(裸)

武器:スーパーペンシル(サイコロ付き)

 

~討伐ハイライト~

 

「…寒いな。」

そう言いながら僕は、ヒゲンゴを倒しに村を出た。

村を出発する時、皆が黄色い声援を送ってくれた。

若い女性のほとんどが「キャー!!」と言ってくれたが、「頑張って!」とは言われなかった。

何でだろう。寒いな。服でも着てくれば良かった。

とりあえずヒゲンゴを倒してとっとと村に帰ろう。

 

着いた。

ここがヒゲンゴがいる洞窟だ。

全部で17のステージがある。

 

…長くね???

 

ストーリー編、しゅーりょーーーーーー!!

飽きた!!!

 

結論から言うが、全員簡単に倒せた。

 

「推論」

文章を数式に変換すれば楽勝だった。

この変換を常に意識しておくと、他の問題にも対応できた。

 

「図表の読み取り」

図表の確認は後回しにすると早く解けた。

問題を読んで、どこの何の情報が必要かを確認した。

 

「集合」

ベン図書くだけ。

 

「順列・組み合わせ」「確率」

中学数学の定期テスト。

 

「料金の計算」「損益算」「仕事算」「速さ」「割合・比」

小学校6年生なら解ける。

 

その他に、いくつか問題形式があったが、基本問題なかった。

 

<結論>

・問題集は一周すれば十分だと思う。

・飽くまでも問題形式に慣れることを目的にする。

・理想は、ぱっと見ただけで解法が頭に浮かぶようにする。

・色んな問題集を解いて、「柔軟さ」を鍛えた方がいい。

 

以上、偉そうに言ってみたやさいクンでした。

就活成功への道のりはまだ長い…!!!

アドバイスがある方、ぜひ教えてください!!!

コメント

  1. ヤサイチャン より:

    もう少しやさしい日本語で、お腹を抱えて笑うような記事をお願いします😭😭😭😭😭

    • やさいクン より:

      >ヤサイチャンさん
      こんな記事にコメントありがとうございます!!
      ご要望に応えられるように、語彙力と笑いのセンスを磨いていくのでご期待ください!