「もち麦ダイエット」は本当に効果があるの?

やさいクンの部屋

どうも、やさいクンです!

先日は僕の情けない性格の一部を記事にしました。

 

詳細はこちら(就活生は僕を見れば元気になる!!)

就活生必見【TOEIC500点は論外だった】総合商社のSPI舐めてた
どうも、ぴちぴち大学院生やさいクン@khipcompany1です! 今日は総合商社を受けてみたけど撃沈した体験記を書くよ! 僕は就活中に総合商社も受けていました。 挑戦することは自由だ!と自分に言い...

まだ読んでない方は是非読んで、コメントして頂けると嬉しいです!

 

それで、今日の記事なんですが、タイトルにある通りです。

「もち麦ダイエットって効果あるの??」です。

そもそも僕は「もち麦ダイエット」を耳にしたことがありませんでした。

 

知るきっかけが、先週書いた記事にミルキーさん(@51kSsGVyMXdFmjM )がコメントして下さったのがきっかけでした。

先週書いた記事はこちら(炭水化物と糖質の違いはココ!)

 

「あらゆるものに興味を示し素早くとっかかるけど、すぐ飽きる」

が僕の性格です。

今回も知的好奇心をくすぐられたので、飽きる前にまとめようと思います(笑)

 

まず、もち麦とは

 

もち麦は六条大麦の一種です。

大麦は、二条大麦六条大麦に分けられます。

二条大麦は主にビールや焼酎の原料として利用されます。

対して六条大麦は、麦飯や麦みそとして食用に利用されます。

 

二条大麦と六条大麦の違いは、穂の上から見るとよく分かります。

二列になっているのが二条大麦。

六列に見えるのが六条大麦です。

名前の由来が簡単で面白いですよね。

・・・「3へぇ」位ですかね?(笑)

「六条大麦 二条大麦」の画像検索結果

 

 

では、なぜもち麦が注目されているのか

 

注目されている理由は、「大麦β-グルカン」という食物繊維を豊富に含んでいるからです。

大麦β-グルカンは水に溶けやすい特性をもつ水溶性食物繊維で、糖質の吸収を抑えるなど、様々な働きがあります。

 

もち麦の持つ7つのパワー

「フリー画像 神龍」の画像検索結果

大妻女子大学家政学部食物学科教授、農学博士の青江誠一郎先生によると、もち麦の主なパワーは7つあるそうです。

1、コレステロール値が下がる

β-グルカンはコレステロールを分解してできる胆汁酸の排出を促す。

その結果、血中のコレステロールが肝臓で分解され、コレステロール値が正常値まで低下します。

 

2、便秘が解消し、快腸に!

腸内の善玉菌を増やす働きがある水溶性食物繊維は、ふだんの食事では量がとりにくいです。

しかし、もち麦には白米の25倍もの食物繊維が豊富に含まれているのが特徴。

腸内環境の悪化は便秘につながるため、気になる人におすすめ。

 

3、内臓脂肪が減ってメタボを予防

β-グルカンは、脂肪の吸収を抑制する働きもあるため、内臓脂肪を減らすだけでなく、高血糖を改善します。

さらに、かみごたえがあり、腹持ちもよいため、食べ過ぎを防いでくれます。

 

4、食後の血糖値の上昇がゆるやかに

β-グルカンの働きで消化吸収のスピードが遅くなり、血糖値の上昇もゆるやかになります。

インスリンが余分なブドウ糖を脂肪として蓄える働きも抑えられるので、糖尿病が気になる人、ダイエットしたい人にもおすすめ。

 

5、セカンドミール効果

血糖値の上昇をゆるやかにして食欲を抑えるβ-グルカンには、この働きが次の食事まで続く「セカンドミール効果」があり、朝と夜、1日2回もち麦を食べると効果がアップ。

 

6、高血圧の人の血圧を低下

もち麦により内臓脂肪が減少すれば、血圧低下を期待できます。

また、もち麦を含む大麦にはカリウムが白米の2倍含まれており、体内の余分なナトリウムを排出して血圧を下げる助けをしてくれます。

 

7、腸内環境がととのい、免疫力アップ

β-グルカンは腸内環境をととのえる他にも、腸内の免疫細胞を刺激するため、免疫力を高める働きがあると考えられています。

花粉症などアレルギー症状の改善も期待できます!

 

ここまでで、もち麦の凄さは分かってきました。

でも、肝心なのはそのダイエット法ですよね。

 

もち麦ダイエットの方法は?

 

基本は白米ともち麦を1:1の割合で混ぜて炊いたものを、1日2回に分けて食べる。

白米の割合を多くすると、糖質を摂りすぎるので、この割合を守ること。

たったこれだけです。

めちゃくちゃ簡単ですね!

 

でもでも、ネットで調べてみると、効果が現れない!って人も多いみたいですね。

 

ですので、効果が現れるためにするべきことをまとめました。

 

1、実践期間は最低でも2週間は取ること

 

案外2~3日で効果がでると思っている方が多いみたいですね。

しかし、もち麦による腸内環境の浄化がダイエット効果を促進すると知っていれば何も問題はありませんよね。

 

2、栄養素(ビタミン、ミネラル)の不足

 

単にもち麦だけ食べれば良いと思っている人も多いみたいです。(アホかと笑)

ダイエットをすると不足しがちなビタミンとミネラル。

特にミネラルが不足すると便秘になりやすく、太りやすくなります。

これは先週の記事にもしましたが、藻類が食卓の一品にあると全て解決すると思います。

 

まとめ

もち麦に含まれるβ-グルカンは腸内環境を整えたり、血糖値の上昇を防ぐ等、糖が脂肪として蓄積されにくい身体にしてくれる。

免疫力向上で花粉所対策にもなるので、この季節におすすめ!

もち麦ダイエットはきちんと栄養素を補給しつつ、長く続けると効果が現れる。

 

 

 

~追記~

もち麦の効果はきちんと論文にされており、効果はきちんと出やすいと思います。

(参考文献:日本食生活学会誌, 2015, 26, 3)

(参考文献:Bioactive Carbohydrates and Dietary Fiber, 2015, 5, 79)

 

では皆さんまた来週。

やさいクンの部屋
やさいクンをフォローする
管理栄養士とふくよかなぼく。

コメント