あああLv2~ただただアイスをほめる回~

日記

どうもこんばんわ!!

 

あああです!!

最近あったかくなってきましたね!!!!!

 

ついに4月に入り、新しい年度です。

僕もついに社会人二年目かぁ~

早いもんですねぇ

仕事が楽しくなってきましたよ!!!!(エイプリルフール)

 

まぁなんだかんだ毎日が早いですね

こうしてどんどん年をとっていk…

 

ピンポー――――ン!!!

 

 

 

 

ん?なんでしょうか?

誰か来ましたね。

昨日頼んだスマホケースかな???

 

 

 

「はーい!今開けまーす!!」

 

 

 

ガチャ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう…そこに立っていたのは

髪の毛を染めつつもどこか気品あふれる姿で

こっちに微笑みかけるようにその子は立っていたんだ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「い、いらっしゃい!!!」

予期せぬ客人にあああも言葉がうまく出ない。。。。

 

 

 

 

 

「とりあえず、そこに座ってよ!!!」

 

 

 

 

彼女も少し気恥しそうにしながら椅子に腰かける。。。

 

 

 

「今日はどうしたの???」

 

 

 

ハゲ子「ううん、別に大した用じゃないの!!!!

ちょっと終電を逃しちゃって。。。」

 

ハゲ子は続ける

 

 

ハゲ子「あああくんの家が近くだったしあああ君なら泊めてくれるかなって。。」

 

 

 

胸が熱くなった。

ハゲ子にそんな風に言ってもらえるなんて

幸せ以外の何物でもない

 

 

「そ、そっか!!!!」

「少し散らかってるけど、まぁ、ゆっくりしていってよ!!」

 

 

 

ハゲ子「あ、ありがとう」

 

 

 

 

変に意識をしてしまって、会話が続かない。

それもそのはず、ハゲ子は職場のマドンナ

 

みんなからモテている僕とは住む世界が違う子だ。。。。

 

 

 

 

 

そのあとはしばらく沈黙が続く、、、、

 

 

 

 

話を切り出したのはハゲ子だった

 

ハゲ子「あ、あのね!

あああ君がこのまえ、ひぃひぃ言いながら通勤してるところ見たよ!!」

 

 

ハゲ子「と、とってもかっこよかった!!立派な社畜だなぁって!!」

 

 

 

「え!?そんなところみてたの!?」

(は、ハゲ子が僕のことを見ていたなんて!!!)

 

 

ハゲ子「う、うん!!ついついあああ君って目が行っちゃうんだよね!!////」

 

 

 

 

照れ笑いをしながら、こっちに話しかけるマドンナに胸が締め付けられる。。。

 

 

 

「な、なんか照れるなぁ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハゲ子「あ!あのね!!わたしね!!

前からあああ君のことが好きだったの!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬聞き間違いかと思い

 

即座に聞き返す。

 

 

 

「え、!?なに!?急にどうしたの!?」

 

 

 

 

ハゲ子は続ける

 

 

 

 

ハゲ子「わたし、ひたむきに頑張るあああ君のことが前から気になっていたの!!」

 

 

ハゲ子「あああ君さえ良ければ私と付き合ってほしいです!!!」

 

 

 

 

 

聞き間違えではない。。

確かにハゲ子は僕に告白をしている。

 

 

「え!?〇▽?%&ぼm、ぼく!!?」

 

 

この時ほど自分のコミュ障を恨んだ時はない。

 

ハゲ子「うん!!だめかな…?」

 

 

 

 

「ダメなわけない!!!こちらこそよろしくお願いします!!」

 

 

 

ハゲ子「よ、よかった~…」

 

 

 

 

 

二人が見つめ合う

 

 

 

 

 

 

ハゲ子「あ、私、緊張が解けたら少し眠くなってきちゃった…ww」

 

 

「あ、う、うん!!すぐ新しい布団を出すね!!!!」

 

 

 

 

ハゲ子「え?隣で寝よう???/////」

 

 

 

 

 

「え!?えーーー!?い、いいの!?」

 

 

 

 

ハゲ子「う、うん///あああ君だもん!!!」

 

 

 

 

 

そういうとハゲ子は僕の布団に先に入り込んでしまった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(こ、これは…お、オッケーってこと?)

 

 

 

LV2のあああにはそんなことはわからない

OKサインとかを見分ける才能は一切ない

 

 

ただ一つ言えるのは、

理性はすでに吹っ飛んでいる。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハゲ子「や、やさしくしてね??」

 

 

 

 

 

そう言われさらに理性が吹っ飛ぶ

 

 

 

 

「ぬ、脱がすよ?」

 

 

 

 

 

 

イメージ通りの真っ白な下着が少し透き通っていて

またしても男心をくすぐる。。。

 

 

 

ハゲ子「ゆ、ゆっくりね??」

 

 

 

丁寧に、温度を調整しながら、

ゆっくりと下着を剥いでいく…

 

 

 

 

 

 

「き、きれいだ…と、とってもかわいいよ!!!!!」

 

 

 

一口、口に運ぶ

 

見ただけで分かる、、、、

美味しそうなあんこと栗が

僕に食べてほしそうに待っている…

 

「た、食べるよ??」

 

ハゲ子「う、うん//////」

 

 

 

う、うまい。。。

あんことアイスの間にお餅が挟まっていて

お餅の食感、あんこと栗のハーモニーが僕の口の中ではじける

 

 

(も、もっと…)

 

 

 

 

うまい。。うまい。。。

 

 

アイスも栗風味の味であんこと完ぺきにマッチしている…

 

 

 

 

止まらない。。。

 

 

 

 

 

(も、もうだめだ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ご、ごめん、食べちゃった…」

 

 

 

 

 

ハゲ子「う、うん////おいしかった?////」

 

 

 

 

「とてもおいしかったよ…し、幸せです。。。」

 

 

 

 

 

ハゲ子「ならよかった////」

 

 

 

 

 

ハゲ子「な、なんだか眠くなってきちゃったね?」

 

 

 

 

「そ、そうだね!!」

 

 

 

 

ハゲ子「寝よっか???」

 

 

 

 

 

「うん!!」

 

 

 

ハゲ子「お休み!!」

 

 

 

「おやすみ!!」

 

 

 

 

 

こうして、僕の衝撃的な一日が幕を閉じるのであった。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけでねwwww

まぁハーゲンダッツの栗あずきという味を今日食べてみたんですが

 

 

これがまぁうまいwww

甘さもちょうどよくて

チョコとかと違って、くどくない甘さ!!

そしてお餅の食感がたまらない!!!

 

 

 

 

コンビニに売っていると思うんでぜひ一度食べてみてほしい!!!

 

そんなことを思ったあああでしたwwww

 

 

 

 

今日はこんなところで!!

いい夢見ろよぐっない!!!

 

あああ Lv2

経験値 5/10 次のレベルまであと5

使える技

・一人BBQ

・福袋

・リボーン・ベジタブル

・チャクラを練る

 

コメント