やさいクン、北の国へ

やさいクンの部屋

どうも、やさいクンです。

 

昨日、僕の就活の挫折経験を書きました。

もう、、、、ほんとに就活なんて嫌だわ

なんて思ったりもしました。

記事内では、つい最近の事のように書いていますが、あれ実は3/29に書いた下書きを更新しただけなんですよね。

いやー、この時は本当に絶望しかなかったです。

なんせ、自分の中でも休学して就活することへの後ろめたさもありましたからね。

 

 

ま、過去の事はどうでもよくて(ココ僕の長所)

 

5月の中旬に2社から内定を頂きました!!!

 

一つはEC事業(ウェブ通販)のシステム会社と、もう一つが芸術品の商社から内定を頂きました。

 

 

いやー、こんなことってあるもんなんですねぇ(笑)

 

物好きな会社があること。

 

 

 

ほんで、いざ内定を貰ってみると、大学院を中退して就職したいかと言われるとそうじゃなかったんですよね。

ザ・わがまま(笑)

 

(じゃあ休学すんじゃねえよ!)

 

やっぱり来年からすぐ就職するのは、勿体ないしそれなら他の人と同じ条件で就活をして満足したいなと強く思ったんすわ。

 

んなわけで、僕はこの就活の経験をしっかり来年に生かして、また来年に堂々と就活します。

 

悔しいことも嬉しいことも経験できて、本当に濃い経験でしたわ。

 

 

 

~めでたしめでたし~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはならないんですよね。

 

暇。

 

 

 

 

自分のやるべきことが分かったので、残りの休学期間はほんっと暇。

 

 

そこで、民俗学に詳しい友人に聞いてみたんです。

 

僕「あのさ、何か僕っぽい暇つぶしない??」

 

友人「あ、それなら住込みの農業どう?」

 

僕「いいね!!民俗学的知見からどっか、おすすめある??」

 

友人「あぁ~、長野とか中央高地がおすすめ~。都心部からも離れているし、流通についても学べるぞ!」

 

僕「おっけ!!!ありがとう!!!長野行くわ!!」

 

 

数日後、僕は住み込みバイトで農業をする土地を決めた。

 

場所はもちろん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道。

 

(何もアドバイス聞いてねぇじゃねぇかwww)

 

 

 

う~ん、せっかく行くなら面白そうなところ行きたいよね。

北海道。良い響きやん。

でっかいどう。なんつってね。

 

 

 

はい、というわけで北海道の帯広で農業しまーす。

 

よろしくお願いしまーす。

 

(農業舐めんな、くそ雑魚ニート。)

 

 

さっそく来たやで!!!

北海道!!!

どーーーーーん!!!!

 

 

あまりの感動にグーグルマップで位置情報確認したもんね(笑)

 

 

札幌空港に到着したら、知人に拾ってもらい、支笏湖に行きました!!

 

めっちゃ綺麗だったけど、寒かったから湖の写真は撮ってないよ。

 

(使えねえな、くそ雑魚ニート)

 

唯一撮ったのは、館内の熊のはく製。

毛がふわっふわなのよね。

 

 

支笏湖周辺の花もぱしゃり。

めっちゃ綺麗なヤマツツジ。

ほんと綺麗でこれだけ、10枚位撮りました。

 

んで、なんやかんや札幌の知り合いの家にお邪魔して、数日泊まりました。

 

道民おすすめの浜ちゃんぽんを食べました。

どちゃくそデカいねんな。

知り合いにおすすめされて、美味い美味い言って食べたけど

ワシ、貝が苦手やから苦行やったわ。

でもスープはめっちゃ美味かったです。

 

 

知り合いの家から帯広までは高速バスを利用しました。

 

このバスの名前、ポテトライナーいいます。

ウケるーーー

 

 

 

 

そして・・・・

 

 

札幌から約4時間の旅を経て、帯広に着きました!!

めっちゃ綺麗でびっくり!!

空気もめっちゃうまい!!!!!

 

しみじみと北海道の良さを実感。

 

 

 

でもね、、、、、

 

いざ着いてみると、寒い。。。。

 

9℃やで、9℃。

この前30℃超したとのニュースをみたので、半パンで来たけど完全にミスったわ。

 

 

帯広駅からは、農家さんが迎えに来てくれていたんで、助かりました。

 

さて、あしたから農作業。

 

これからしばらくは、農業体験の記事を書きます。

 

ではまた来週。

 

やさいクンの部屋
やさいクンをフォローする
管理栄養士とふくよかなぼく。

コメント